SNSには炎上がつきもの?

炎上とは

SNS上で批判コメントなどがたくさんきてしまう事です。
どうしたら正確にネットで炎上したという扱いになるのかは不明ですが、一定数のコメントが殺到すると炎上したと世間一般的には言われる場合が多いです。
炎上する事で個人や企業問わず、たくさんの人々の注目を集める事ができますが、炎上するイコールネガティブな広まり方をするので、あまり良い状態とは言えません。
わざと炎上させて、たくさんの人の注目を意図的に集める事を炎上商法と言ったりします。
ネット上で様々な人から怒りによって個人情報などが拡散されてしまう可能性が非常に高いです。
炎上して良い方向に物事が進んだ事はあまりないという方が多いので炎上しないように気をつけましょう。

炎上しやすいネタを知ろう

一番炎上しやすいネタは個人が行う「いたずら」や「悪ふざけ」です。
注目を集めたいがために、わざわざその様子を動画などに収め、SNS上に拡散するという方が多いです。
男女差別をしているかのような企業CMなども炎上しやすいネタの一つで度々炎上しています。
この他も、嘘の内容のニュースや政治に関する報道も炎上しやすいネタです。
ちなみに、月にSNS上で100件以上は炎上していると言われており、一番炎上しやすいのはTwitterと言われています。
もしも誤って炎上してしまったら、理由付きで謝罪を述べ、該当するツイートはしっかりと削除しましょう。
どうしても、炎上するのが心配という企業さんは、炎上しても大丈夫なように月36万円の保険に加入する事をおすすめします。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る